ORICON NEWS


千葉雄大『KAWAII』文化描くドラマで主演 アジア9国でも同時期放送

  • LINEで送る

10月18日スタートの日本テレビ連続ドラマ『プリティが多すぎる』(毎週木曜 深夜24:59)に主演する千葉雄大 (C)日本テレビ

 俳優の千葉雄大が、10月18日スタートの日本テレビ連続ドラマ『プリティが多すぎる』(毎週木曜 深夜0:59※全10話)に主演することがわかった。「ジャパニーズ・カワイイ」をテーマに、千葉演じる大手出版社で働く入社3年目の文芸編集部のエース・新見佳孝(にいみ・よしたか)が、異動先の原宿系ファッション誌の編集部での仕事に奮闘するお仕事ドラマ。千葉は「原宿を舞台に繰り広げられるキラキラしたカワイイを作る人たちの泥臭い生き様をごらんください」と呼びかけている。

【場面カット】千葉雄大が原宿系雑誌の編集者に

 同ドラマでは日本での放送に先駆け、フランス・カンヌでの世界最大級の国際映像コンテンツ見本市『MIPCOM』でワールドプレミアを開催。これは在京民放キー局制作ドラマとして初の試みで、千葉も舞台あいさつや前日のレッドカーペットに登壇予定。さらに、日本のほか、韓国、台湾、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイという9つの国と地域※で、同時期放送されることも発表された。(※1週間以内の同時期放送。配信も含む)

 同ドラマは大崎梢氏の小説が原作。当初は突如訪れた『プリティ満載』の職場『ピピン』編集部にドン引きする新見だが、徐々に『カワイイ』という文化に本気で取り組むことを決意することに…。『カワイイ』が満載の原宿を舞台に全編に渡ってロケが敢行され、竹下通りはもちろん『W◆(ハート)C』『カワイイモンスターカフェ』など実在の人気スポットが数多く登場する。

 千葉は「『プリティが多すぎる』…タイトルから想像すると、『あ、また千葉が年がいもなくぶりっ子するドラマか』と感じる方もいらっしゃるのかなぁ、なんて勝手に想像してしまったりするのですが」と自虐しつつ、「僕が演じる新見佳孝は、カワイイを全く理解できない堅物な野心家です。文芸編集者のエリートとして働いていたところ、突然、ティーンファッション誌へ異動することになり、葛藤しながらも成長していく役どころです」とキャラクターを紹介。

 役を演じるにあたり「『働く』ということについて深く考えました。自分が望んだ職に就けた人はどれくらいいるだろう。その望んだ職に就いたとしても、思い描いていた環境で働いている人はどれくらいいるだろう。いずれにしても、みんな何かを我慢したり、理不尽な局面にぶち当たったり、それでもなんとか自分の爪痕を残して、次に進んで行こうとする。そして、一人では決して成し得ない壁にもぶつかる。振り返ると仲間がいる。そんなお仕事ドラマだと思っています」と力を込める。

 アジアで同時期放送については「お芝居する上では、何一つ変わらないのですが、宣伝コメントを撮影させていただく際に、中国語と英語でさせていただく機会があったので、その時はグローバルな雰囲気を感じました。とはいえ、国を超えてご覧いただけることは素直にうれしいです」と歓喜。「原宿という世界各国からたくさんの方がいらっしゃる街並みで撮影できたので、その景観も楽しんでいただけると思いますし、『KAWAII』という日本のカルチャーの裏側を観ていただけるのも魅力かと思います」と見どころをアピールしている。

 同局『家売るオンナ』『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(2016)などを手がけてきた小田玲奈プロデューサーは「自分がAP(アシスタントプロデューサー)だった頃、若手の俳優として現場にいた千葉さん。お互いに大先輩たちに憧れながら、『一緒に出世しようね』と誓い合った仲! 千葉さん主演の連ドラを作ることを目標にしてきたので今回実現できて、とてもうれしいです。久しぶりに再会した千葉さんは、表情がシャープになっていて、思わずドキッ…。働く男の色気さえ感じるオトナな千葉雄大のお仕事ドラマ、どうぞご期待ください!」とアピール。

 原作の大崎氏は「ドラマの撮影現場では、あまりにもキュートなピピン編集部にびっくり。あそこで働きたい。俳優さんたちもスタッフの皆さんも和気藹々と頑張ってらっしゃって、良い刺激をたくさん受けました。プリティなドラマの全容を楽しみにしています」と期待をかけている。