柏音楽大使が初共演 東葛飾高校OB爆風スランプも熱唱

  • LINEで送る

ステージでは、柏音楽大使の2団体が初共演。柏ゆかりのミュージシャン、サンプラザ中野くん(左)とパッパラー河合さんも登場した=柏市民文化会館
ステージでは、柏音楽大使の2団体が初共演。柏ゆかりのミュージシャン、サンプラザ中野くん(左)とパッパラー河合さんも登場した=柏市民文化会館

 「音楽の街かしわ」のPR役を担う柏音楽大使が一堂に会し、ステージ上で初共演するジョイントコンサートが、柏市民文化会館で開催された。柏ゆかりのミュージシャンで、人気ロックバンド・爆風スランプのメンバー、サンプラザ中野くん、パッパラー河合さんも登場し、客席一体となって名曲「Runner」を熱唱した。

 市では昨年から、柏にゆかりや愛着を持つ次世代アーティストを柏音楽大使に任命。盛んな吹奏楽やストリートミュージシャンの輩出など音楽文化が根付く柏の街を、演奏活動を通してアピールしてもらうことを目的としている。

 ジョイントコンサートは、昨年12月に大使就任を果たした市立柏高校吹奏楽部が後援会向けに開く演奏会の冒頭で実施。初代大使の4人組バンド・ホタルライトヒルズバンドがオープニングを飾り、市民以外には意味が通じない-として話題になっている防災行政無線の愛称をタイトルにした人気曲「パンザマスト」を、同部とのコラボバージョンで披露した。

 続いて地元・千葉県立東葛飾高校OBのサンプラザ中野くん、パッパラー河合さんが舞台に現れると、満員の客席は熱狂。全国トップレベルの演奏を誇る“イチカシサウンド”に乗せた疾走感あふれるRunnerに、会場全体が聴きほれた。

 歌い終えたサンプラザ中野くんは「(大使と)共演できて感激。音楽は柏の宝です!」と力を込めた。