ふなっしー・ジャガーさん・がすたん 千葉県西代表3キャラ共演 京葉ガスPR動画公開

  • LINEで送る

(左から)ふなっしー、がすたん、ジャガーさんが共演した京葉ガスPR映像の一場面
(左から)ふなっしー、がすたん、ジャガーさんが共演した京葉ガスPR映像の一場面

 ふなっしー、JAGUAR(ジャガー)さん、がすたんという県西部を代表するキャラクターが共演するPR動画を、京葉ガス(市川市)が作成し、ウェブ上で公開している。一般的なCMの30秒を大幅に上回る7分15秒の長編で、映画さながらの迫力ある場面も織り交ぜながら、主人公のがすたんが「この街をしあわせに」と奮闘する姿を描き出した。

 映像は、船橋市の非公認キャラクター・ふなっしー、同社のイメージキャラクター・がすたんが逃げ惑う映画風の場面から始まる。それを追うのは悪の化身に姿を変えた、自称「ジャガー星出身」で市川市在住のミュージシャン・ジャガーさん。追い詰められたふなっしーとがすたんが反撃に出ようとするも、あるアクシデントに見舞われ…と物語が続いていく。

 ジャガーさんの登場シーンではお決まりの「ハロー! ジャガーでーす」とエコーの効いたあいさつが取り入れられたり、ふなっしーが、がすたんを支える脇役として真面目に演技をしていたり、セリフをしゃべれないがすたんが字幕に合わせ表情を一切変えず、感動的な演技を見せたりと見どころ満載だ。

 映像は「楽しんで見てもらいながら京葉ガスを知ってもらえれば」との狙いで制作。全国区の知名度があり、地域貢献にも取り組んでいることから、ふなっしーとジャガーさんに出演を依頼した。

 脚本は同社広報室スタッフが手掛けており、担当者は「感動やユニークさを取り入れた起承転結のある映像で、当社の経営理念を表現した」と話している。映像は同社ホームページや動画投稿サイトYouTubeで公開している。