牛丼店で現金盗む 流山の消防士、容疑で逮捕 流山署

  • 0
  • LINEで送る

 勤務時間中、牛丼店で注文し、代金として支払った現金を盗んだとして、流山署は30日、窃盗の疑いで流山市流山、同市消防本部北消防署の消防士、福島大河容疑者(20)を逮捕した。

 逮捕容疑は27日午後6時5分ごろ、同市美原の「すき家流山江戸川台店」で牛丼3点(計2100円)を持ち帰りで注文した際、代金として支払った1万円を盗んだ疑い。女性アルバイト店員が釣り銭用の現金を補充するため、1万円札をトレイに置いたまま店内のバックヤードに行った隙を狙ったという。

 流山署によると、福島容疑者は勤務時間中で、自身と同僚の弁当を買いに来ていた。「間違いありません」と容疑を認めている。

 同市北消防署は「詳細が分からないのでコメントできない」としている。