台風13号千葉県接近 猛烈大雨や暴風、厳重警戒 

  • LINEで送る

 強い台風13号は7日、伊豆諸島の南海上で北上を続けた。勢力を維持し、きょう8日夜から9日明け方にかけて千葉県など関東にかなり接近、上陸する恐れもある。県内では8日夜から激しい風雨のピークを迎える見込みで、多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨や、沿岸部を中心に最大35メートルの瞬間風速、10メートルの高波の予想。銚子地方気象台や県は厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風周辺の雨雲と前線の影響で、関東から東北の太平洋側は台風接近前の8日午後から9日にかけて非常に激しい雨に。台風が接近とともに速度を落とすこともあり、影響は長引く。総雨量がかなり多くなる恐れがある。8日夕までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、関東甲信は150ミリ、その後の24時間で300~400ミリの大雨が予想される。

 7日に千葉市内で防災関係機関などに向けた「台風説明会」を開いた銚子気象台によると、台風は8日夜から9日にかけて県内上陸の恐れがある。8日夜には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨となり、同80ミリの可能性も。最大瞬間風速は県北東部と夷隅・安房地域で35メートルの予想。波も同日未明から夜に太平洋沿岸で6~10メートルとなる見込み。

 同気象台は土砂災害への警戒も求め、今後発表する気象情報や警報・注意報などの把握を呼び掛けた。

 7日の県内は夕方から風雨が強まり、銚子市で最大瞬間風速21・3メートルを観測。

 県は同日午後2時から、災害関連情関をホームページで一括公開する「千葉県防災ポータルサイト」上に警戒を呼び掛ける文書を掲載。「早めの準備を」と題し、最新の予報や市町村の避難情報に注意して不要不急の外出を避けたり、避難先・非常用持ち出し品の確認を促した。避難所の開設情報や交通・ライフラインの影響も掲載する仕組み。

◆鉄道など県内企業備え 正午までに運行計画

 接近する強い台風13号に、鉄道、ガス、レジャー、金融など県内企業は7日、備えを進めた。

 台風の接近で8日夜の帰宅時間帯に非常に激しい雨が予想されることから、通勤客らは鉄道ダイヤの乱れが気になる。JR千葉支社(千葉市)は「台風の強さや速度をみて、8日正午までには運行計画を最終的に立てたい」(広報担当)とした。同日午前は通常運行する予定。京成電鉄(市川市)も平常運行の予定だが、「台風状況によって検討する」(広報担当)という。

 ライフラインの京葉ガス(同市)は8日朝、「ガス設備の安全性維持のための警戒態勢を敷くか判断する」(広報担当)という。このための人員40人は既に確保済み。また、雨による屋外給湯器の不具合への対処法をホームページに掲載する予定だ。

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド(浦安市)は、夏休みに泊まりがけで来園している客らに配慮し、8、9日とも通常営業。ただ、安全を第一に考えて、強風対策としてゴミ箱の結束など状況に応じて措置する。

 千葉銀行(千葉市)は7日、イントラネットで全行員に注意を喚起。「気象状況をフォローして(8日の)営業に向けて事前対策を」と呼び掛けた。