同居人の首絞め殺害 殺人未遂容疑 障害者施設で男逮捕 大網白里

  • LINEで送る

 大網白里市の障害者施設で、同居する男性の首を絞めて殺害しようとしたとして、東金署は20日、殺人未遂の疑いで自称無職の男(27)を現行犯逮捕した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は殺人容疑に切り替え、男の障害の程度や動機などを調べる。

 逮捕容疑は同日午前6時45分ごろから同7時45分ごろまでの間、同市大竹の障害者施設「紫宝会」の自室内で、同居するニールセン直人さん(24)の首を絞めて殺害しようとした疑い。同署によると、男は容疑を認めている。

 ニールセンさんが朝食の時間になっても食堂に現れず、施設職員が男に尋ねたところ「首を絞めた」などと話したため部屋に向かうと、ニールセンさんが室内で倒れていた。同施設には精神障害者や知的障害者が入居しており、男は精神科に通院中だった。