本八幡駅で人身事故、11万7千人に影響 40代ぐらいの男性死亡

  • LINEで送る

 14日午前5時40分ごろ、市川市八幡2のJR総武線本八幡駅構内で、線路上にいた40代ぐらいの男性が御茶ノ水発千葉行き下り電車(10両編成)にはねられ、その場で死亡した。男性はホームから落ちたとみられ、市川署が身元と詳しい事故原因を調べている。乗客にけがはなかった。

 JR千葉支社によると、この事故で特急成田エクスプレス2本を含む上下計52本が運休し、特急2本を含む上下計37本が最大1時間15分遅れ、乗客約11万7千人に影響が出た。