ナインに思い託す 県柏・女子部員、小笠原さん 第100回全国高校野球 千葉大会

  • LINEで送る

 ユニホームに身を包みながら、入場行進の列に入れず、球場の外で仲間に思いを託したのは、県柏3年、小笠原詩歩さん(18)=写真。公式戦にも入場行進にも参加できない「女子部員」だが、“最後の夏”の大会に向かうチームメートを笑顔で送り出した。

 大会に出られない悔しさで、一時は退部を考えたことも。それでも、チームメートと共に白球を追い、納得のユニホーム姿で3年の夏を迎えた。

 「公式戦には出られなかったけれど、3年間一緒に練習した仲間に活躍してほしい。ケンカシらしい野球でベストを尽くして」。エールで締めた。