のぞき容疑で巡査部長懲戒 住宅風呂場、盗撮も

  • 0
  • LINEで送る

 住宅の風呂場をのぞいたなどとして、警視庁は14日、住居侵入と軽犯罪法違反の疑いで武蔵野署刑事組織犯罪対策課の男性巡査部長(31)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にした。巡査部長は容疑を認め、同日辞職した。

 警視庁によると、巡査部長のスマートフォンには、この風呂場で女性を盗撮した動画が記録されていた。またデジタルカメラには、別の時期に駅や電車内で女性のスカート内などを隠し撮りしたとみられる動画が十数本あった。

 書類送検容疑は昨年11月下旬の午後11時すぎ、東京都練馬区の住宅敷地内に侵入し、風呂場をのぞくなどした疑い。