小学教諭、校内で児童盗撮 懲戒免職、さいたま

  • 0
  • LINEで送る

 勤務先の小学校で児童の着替えを盗撮したとして、さいたま市教育委員会は6日、市立小学校の馬場昂之教諭(26)を懲戒免職にしたと発表した。学校からの被害届を受理した埼玉県警が調べている。

 市教委によると、馬場教諭は昨年2月~今年9月、校内で児童が体操着に着替える様子や、児童の脚部をデジタルカメラで撮影した。市教委の調査に「週に1、2回、時には毎日やった」と話し、盗撮を認めている。

 9月下旬に児童から相談があり、学校側が確認すると教諭は否認。10月下旬に匿名の情報提供があり、再度確かめると認めたという。

 処分は11月10日付。