72歳が恒例コンクール大賞 エラーは僕のせい、ごめん 

  • LINEで送る

 「今更だけど、ごめんなさい」。高知県南国市後免町で、地名にちなんだ恒例の全国コンクール「ハガキでごめんなさい」の受賞作が10日発表された。大賞には高校時代、自分のせいで野球部の友人のエラーを誘発してしまったことを謝罪した東京都葛飾区の奥田益也さん(72)が選ばれた。

 奥田さんは試合に出られないのが不満で、グラウンドの整備をおろそかにした。それが原因なのか、試合中、守備についていた友人がミスをして、レギュラーを外されてしまったと告白。ずっと言い出せず「内緒にしておいて本当にごめんなさい」と謝った。