台湾、ブルキナファソと断交 中国が外交圧力

  • LINEで送る

24日、記者会見を開きブルキナファソとの断交を発表する台湾の呉ショウ燮外交部長=台北(共同)

 【台北共同】台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)は24日夜、緊急記者会見を開き、同日付で西アフリカ・ブルキナファソと断交したと発表した。同国は近く中国と国交を結ぶとみられる。1日にカリブ海のドミニカ共和国が台湾と断交したばかり。台湾を外交的に孤立させる中国の戦略がより明確になった。

 呉氏は「北京(中国)の圧力には屈しない。今後も外交努力を続ける」と話した。

 ブルキナファソとの断交により、台湾と外交関係を持つ国は18カ国に減少。2016年12月には西アフリカのサントメ・プリンシペが台湾と断交しており、台湾がアフリカで外交関係を持つ国はスワジランドだけとなった。