「プーさんの森」最高額で落札 英で競売、6300万円

  • LINEで送る

「くまのプーさん」がすむ「100エーカーの森」の地図の原画(サザビーズ提供、共同)

 【ロンドン共同】人気キャラクター「くまのプーさん」がすむ「100エーカーの森」の地図を描いた1926年の挿絵が10日、ロンドンで競売に掛けられ、43万ポンド(約6300万円)で落札された。競売大手サザビーズによると、本の挿絵の落札額としては史上最高という。

 「クマのプーさん」は英作家A・A・ミルン(1882〜1956年)の原作。挿絵は英画家E・H・シェパード(1879〜1976年)が描いた。

 地図の挿絵には、プーさんや登場人物のクリストファー・ロビン少年、森の仲間たちの家などが描かれており、サザビーズは「恐らく児童文学で最も有名な地図だ」と指摘している。