猛烈台風22号、比に接近 警戒態勢、住民避難も

  • LINEで送る

13日、フィリピン政府の台風22号の災害対策会議に出席したドゥテルテ大統領(右)=マニラ(AP=共同)

 【トゥゲガラオ(フィリピン北部)共同】猛烈な台風22号は13日、フィリピンの東の海上を時速約20キロで西に進んだ。15日にも北部ルソン島に上陸する見通し。フィリピン政府は13日に緊急の災害対策会議を開き、関係当局に警戒を指示。沿岸の住民の一部は避難を始めた。

 日本の気象庁の観測では、中心気圧は905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は80メートルで中心から半径220キロ以内で風速25メートル以上の暴風域になっている。国際呼称はマンクット。

 ルソン島を横断した後、香港方面に向かうとみられる。台湾南部にも被害が出る恐れがある。