中日、松坂は6500万円増 年俸8千万円と出来高

  • LINEで送る

中日の松坂大輔投手

 中日の西山球団代表は3日、松坂大輔投手と来季契約が金銭面で合意に達したと明らかにした。単年契約で6500万円増の年俸8千万円プラス出来高払い。松坂は日本を離れており、電話とメールで交渉した西山球団代表は「勝ち星はもちろん、営業面での貢献についても加味している。提示した額にオーケーしてくれた」と話した。

 松坂は2015年に米大リーグからソフトバンクで日本球界に復帰したが、右肩の故障もあって3年間で登板1試合にとどまった。今季は入団テストを経て中日入りし、11試合で6勝4敗。復活を印象付け、カムバック賞を獲得した。(金額は推定)