「万引き家族」など候補に 米映画ゴールデン・グローブ賞

  • LINEで送る

是枝裕和監督

 【ロサンゼルス共同】米アカデミー賞の前哨戦となる米映画賞、第76回ゴールデン・グローブ賞の各賞候補が6日、ロサンゼルスで発表され、是枝裕和監督の「万引き家族」が外国語映画賞、細田守監督の「未来のミライ」がアニメ映画賞の候補にそれぞれ選ばれた。発表・授賞式は来年1月6日。

 「万引き家族」は、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞。米国でも話題となっており、来年2月の米アカデミー賞の外国語映画賞部門でも候補に選ばれる可能性がある。

 「未来のミライ」もアニー賞の長編インディペンデント作品賞と長編作品脚本賞の候補に選ばれた。発表・授賞式は来年2月。