首相、欧州中東歴訪を中止 豪雨被災地、近く視察

  • LINEで送る

自民党役員会に臨む安倍首相(奥中央)ら=9日午後、国会

 安倍晋三首相は9日、西日本豪雨災害への対応に万全を期すため、11〜18日の日程で予定していた欧州・中東歴訪を中止した。これに伴い、ベルギーで計画していた欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)署名式は延期し、日程を再調整する。菅義偉官房長官が記者会見で発表した。首相は近く被災地を視察する。

 政府は自衛隊や警察などによる安否不明者らの救命救助を進め、被害の全容把握を急ぐ。また被災者支援に向け、府省庁横断で設置した事務次官級の生活支援チームを司令塔とし、食料などの物資の提供や仮設住宅や医療の確保、ライフラインの復旧に総力を挙げる。