ちばの選挙

新たに異議、混乱拍車 市川市長選再選挙

  • 0
  • LINEで送る

 市川市選挙管理委員会は6日、再選挙となった市長選と、同時に行われた市議補選について、選挙の無効を求める異議申出書が新たに提出されたと発表した。先に出された異議申し出により、再選挙の日程を決められない状況で、新たに異議申出書が提出されたため、混乱に拍車が掛かる。

 市選管は、今回の異議の中身などは公表しないという。公職選挙法で、30日以内に申し出に対する結論を出すことになっており、市選管は「内容を精査する」としている。

 市長選と市議補選を巡っては、選挙3日後の11月29日、市議補選で落選した元市議が開票経過に不可解な点があったとして、選挙無効を求めて異議を申し出。再選挙は、今月11日まで2週間の異議申し出期間後、50日以内に行われる予定だが、先に申し出が出されたことで、一度決めた再選挙日程を撤回。複数になった異議申し出により、混乱が広がる事態となっている。